手作り服

【ベビー服】ラウンド裾のボタンなし・ベビーTシャツ②

※3/12 完成後に着心地が悪かったので、一部カバーステッチミシンで作り直しました。

前回の続きです。

[cc id=2355]

伸び止めテープを貼る

洗濯による型くずれ防止と、縫い合わせ時の縫い伸び防止のため、肩(平)、袖ぐり(バイアス)、後ろ裾(バイアス)に伸び止めテープを貼りました。

縫い代から伸び止めが見えないように、表側と裏側を選んで貼っています。

表側へ貼るときは、縫い代からはみ出ると伸び止めが見えてしまうので、縫い代に合わせてテープの幅を選んだり、貼ったあとにカットしたり。

縫うときも縫い代分しっかり縫うように、注意してます。なかなか難しい。

平は、こちらの伸び止めテープ↓

バイアスは、こちらの伸び止めテープ↓を使いました。

テープの種類も、貼る場所も自己流。伸び止めは奥が深いので、まだまだ研究中です…。

裾を折ってカバーステッチ

カーブしている後ろ裾を、アイロンで1.0cm折ります。折り目をつけたら、MFテープで仮止め。
左針から1.0cmの位置に合わせて、カバーステッチしました。

どうでしょう。

新しいカバーステッチミシンを使って初めてでしたが、かなりキレイに縫えたと思います!

前裾は、型紙を後ろ裾から+1.0cmしておいたので、2.0cm折ってカバーステッチしました。

後ろ裾がカーブしているため、折り幅を短くしないとシワになってしまうので1.0cm折りましたが、前裾は2.0cmの方が見た目が良いかな、と思って長くしてます。

袖口は小さいので、MFテープで仮止めした方が、かなり縫いやすいです。

肩を縫い合わせる

ロックミシンで、肩を縫い合わせます。

縫い目は後ろに倒すので、表を上にして縫います。

縫い目は表側の方が肌触りがいいので、表側になるように縫い目の倒す方向を合わせてます。

伸び止めが見えないように縫えました!けっこうドキドキ。

袖下を縫い合わせる

袖下は、縫い合わせるとき縫い目を互い違いに倒するため、縫い目を表側に倒すので、後ろを上にして縫います。

ロック端は折り返して、縫い目の中へ隠すようにクリップで挟んでおきます。

袖下と反対側の2箇所をクリップで挟んで、縫い目の表からカバーステッチしました。

やっぱり袖が小さいので、カバーステッチをかけるのに苦労しました?

脇は押さえなくても良さそうかな?

今日はここまでです。それでは!